結婚式場選びによって内容が変わる|行き当たりばったりでは駄目

ホテルにしてみる

白無垢の女性

結婚式とは宗教的な儀礼が関わってくるイベントです。
例えばキリスト教圏であれば教会を使って神の前で夫婦の契約を行い、神前式であれば神社を使います。
従って結婚式は新郎新婦の宗教に応じて式場を選ぶのが大前提ですが、日本では宗教性に関係なく教会を利用する文化が存在しています。
戦後、西洋的な文化が流入する中で教会ウェディングが流行しましたが、こうした結婚式は宗教儀礼ではなく一つのイベントとして受け入れられてきたのです。
もちろん教会側もそうした日本の文化に合わせて、無宗教や他宗教の方であってもチャペルで式を行えるよう受け入れている場合があります。
ただし、ホテルではなくきちんとした教会で式を挙げる場合、事前に講義を受ける必要がありますので注意しましょう。

純白のウェディングドレスとチャペルの挙式は多くの女性にとって憧れです。
一方、チャペルウェディングはキリスト教徒の方にとっては純然たる宗教儀礼です。
きちんとした教会で挙式する場合、礼拝への参加を促される事もあります。
式の精神を理解してから初めて正式な教会ウェディングを行なう事ができますから、できるだけ出席するようにしましょう。
例えば新婦を前に行なう夫婦の宣誓は、日本的な感覚で言えば夫妻同士や互いの「家」に誓うものですが、本来キリスト教の神へ行なっている宣誓なのです。
チャペルを式場にしたいけれど、宗教の精神には触れたくないと言った場合、ホテルのチャペルを利用するようにしましょう。
こうした場所で行なう挙式であれば講座を受ける必要もありません。